スポンサードリンク

これから貯金を始める人のための定期預金ガイドサイトトップ >デパート積立  >> デパート積立-メリットとデメリット
デパート積立とは、毎月一定額を1年間積み立てると、満期時に1ヶ月分余分にボーナスをがついた商品券、もしくはカードがもらえる制度です。

例えば、月に5000円づつ積み立てた場合、
1年後には満期積立額は50,000円×12ヶ月=60,000円になってます。

これにボーナス分1ヶ月分がついて、65,0000円の商品券(もしくはカード)を受とれます。

金利だけみれば、銀行に積み立てるよりもずっとお得です。

またボーナス分以外にも、会員向けの優待割引なども実施しているところがほどんどですので、上手に使えば節約にもなります。


◆デパート積み立てのメリット◆

メリットはやっぱり満期額+ボーナスがもらえることです。

その他のメリットとしては、
・レストランやレジャー施設などの優待割引が受けられるところがある。
・会員だけの招待セールが受けられるところがある。
・デパート積立は商品券やプリペイドカードで受け取れるので、上乗せされたボーナス分に税金はかからない。(銀行積立だと満期額から20%の税金を取られる)


特定の百貨店をある程度利用する方や、
お歳暮・お中元など定期的な消費にデパートを利用される方、
いろいろと優待を受けたい方。 等々

こういう利用をされる方には特にオススメです。



◆デパート積立のデメリット◆

ごひいきの百貨店等がある方にはとってもお得で便利なデパート積立ですが、やはりデメリットもあります。

・その百貨店から遠く離れたところに引っ越すことになった。
・同じデパートでも店舗が異なると利用できない場合がある。
・買いたいものを扱っている店がその百貨店から退店したり、ルールが変更になって買えなくなるなどということもありえる。
・商品券やビール券などの金券類などの購入ができない。


ちなみにデパートが倒産した場合、積立金や商品券・プリペイドカードは、合計額のうち2分の1相当が保全されるようです。

スポンサードリンク

milelab at 13:40│clip!デパート積立